2016年11月02日

中山道キャノンボール(大阪→東京)走行編

走行記録。

前日9日朝に新幹線で大阪入り。新幹線は混雑する自由席で、2時間不自然な恰好で立ちっぱなし。
昼は富雄のみつばでラーメン、待ち時間に木津のregal+eまでパンを買いに行く。
食後は京都で買い物。夜は大阪に戻り、自転車仲間とスリランカカレー会。
大阪にもどって実家泊。当日午前中は梅田で買い物をした後、以前から行ってみたかった座銀で
ラーメンを食べたり、おいワインを試飲してみたりする。意外と疲れることをしている…。
昼過ぎからは大阪市内の実家でだらだら。夕方にマイスリー10rを服用、22時過ぎまで強制仮眠。
おかげで今回走行中は全く眠気を感じることがなかった。
起きてGSVの風予報を見ていると、全体的に逆風傾向…。非常によろしくない。
出発30分前にコンビニでかってあったカルボナーラを食し、
あらかじめコンビニなどで買ってあった補給食をジャージにぎゅーぎゅーに詰め込んで出発。
大阪市内の実家から梅田新道までは自転車で自走、10分かからずに到着。

AS0092.JPG
写真をとって一息つき、大阪梅田新道を0:00に発。サイコンスイッチは10秒前にぽちり。
今回は0時出発なので、現在時刻を見れば経過時間が一目ですぐにわかる仕様。
大阪市内R1はこんなに止まらなくれていいの?と戸惑うぐらいに信号のつながりが良い。
夜なので渋滞も当然なし。ストレスなく走れるこの時間の出発は正解。
丁度1時間弱で洞ヶ峠を越え、京都入り。いつもの抜け道で観月橋に抜け、外環で山科まで。

瀬田川を越えて北東に向きを変えると、ここから予報どおり、北東からの逆風。
普通に走れば35qを越えるスピードでの巡航となる筈が、30km台前半にとどまる。
沿道の旗を見るとかなりバタバタとはためいている…。米原付近まで我慢の走行が続く。
佐和山ではB級スポット「金閣寺」の写真を撮りたかったが、真っ暗でなにも見えず断念残念。

米原先でR8と別れ、R20で関ヶ原方面へ。ここからようやく追い風。
登りもある区間だが、先ほどの大津〜米原間より早い巡航速度となった。
関ヶ原もゆるい丘ぐらいにしか感じず。1時間あたりの区間グロスアベは31km/h超え。

大垣市内に入ると信号の嵐。区間グロスAveも20q前半に落ち込む。
ここからはR19に入るまではそれほど広くない県道を淡々と走る。
AS0093.JPG
早朝なのでそれほど交通量も多くない。揖斐川・長良川・木曽川の橋も車道から問題なく渡橋。
一部ややこしい場所(茶屋新田4、木曽川駅周辺、寄木南クランク、秋田三丁目の五差路等)は
あるものの、サイコンを賢くしておいた&ストリートビューでチェックをいれておいたおかげで
全く迷うことなく進むことが出来た。名岐バイパスもアンダーパスで信号の時間を短縮。
早朝にもかかわらず名鉄本線の踏切につかまってしまったのは誤算。

春日井の中新田西交差点でR19に合流。R19前半は予想していたよりも路肩が広めで走りやすい。
アップダウンのあるバイパス風の片側2車線の道路を進む。
序盤は車の走行風+追い風もあり予想していたよりも速いペース。
さらに丁度いいスピードの重機が前を2度引いてくれたおかげで、かなり高速巡航に。
ありがとう恵那興業。おかげで内津峠も予想していたよりも楽に越えることが出来た。
瑞浪は遠回りになるバイパスを迂回し、駅前の下道を通る。

中津川を越え、長野県に入る頃から片側1車線に。
この区間は危険を避けるため、明るい時間に越えられるようにスタート時点を調整。
箱根みたいにひたすらだらだらした登りが続くと思っていたが、短いアップダウンが多い。
斜度は7-8%Maxとそこまで急ではない。
AS0094.JPG
たまにいい景色が現れる。
この頃には膝にやや違和感を覚えていたので、トルクをかけず高回転でのペダルに切り替える。
長野に入ると風向きが再び向かい風となり、巡航スピードがかなり落ちてしまった。

一回目の補給は試走から250q位を想定していたが、意外と先送りが出来、
ほぼ中間地点の276q地点のセブンイレブン大桑須原店でようやく休憩。
ここまで10時間強。トイレ、おにぎり+ゼリーを主とした補給食と水分を購入。
トイレ前に商品を手に取ってしまい、商品を戻す時間分、タイムロス。アホか。

須原から鳥居トンネルまでは登りが続く。気持ち勾配強め。
AS0095.JPG
上松では名勝の寝覚の床で写真をパチリ。
レストハウスの駐車場の奥まで写真を撮りに行ったので、微妙にタイムロス。

AS0096.JPG
鳥居トンネルは思っていたほどの交通量はなく、危険をそれほど感じることなく通過。
トンネルを越えると目に見えて追い風が強くなる。気温も下がったような気がして寒い。
ここからは下り基調…とおもったらちょっと登りもあるし…。
下りのスピードの乗りもいまひとつでストレスがたまる。

塩尻に近づくと葡萄畑がちらほら。洗馬ではお気に入りのワイナリー前を泣く泣くスルー。
洗馬からちょろっと抜け道を利用し、市街地を通らずに塩尻峠方面へ抜ける。
塩尻峠はノロノロ登坂。ここまでくると流石に足のダメージが大きい。
塩尻峠の頂上で丁度出発から14時間が経過。

塩尻峠からは向きをかえ南下。ずっと逆風だったので、当然追い風となる。
下り基調もあり、かなりの高速区間。登りの富士見峠も楽に越えられた。
富士見峠下りではずっと下ハンでの走行だったので腰が痛くなった…。
AS0097.JPG
サントリー白州前。自転車と写真を撮ろうかと思ったけど、反対車線で面倒くさくなってヤメ。

竜王からはR52へ入り甲府市内へ。日没までは時間があるはずなのになんだか暗い。
R20に復帰したところで小雨まで降ってきた。気温も今一つ上がらない。
やや強い東からの逆風で、旗がかなりはためいている。
AS0098.JPG
勝沼付近のブドウ畑。ここから登り区間。
いちばん吹いてほしくない、長く勾配強めの笹子峠での逆風。正直きつい。
途中にコンビニがあるのを調べてあったので、ここで2回目のストップをとることに。
少し休息を入れてから笹子峠の最終急坂区間を走る作戦。
ここでもトイレ前に商品を手に取ってタイムロス…アホか (´Д`;)

笹子峠で丁度日没。笹子峠を越えるとふたたび下り基調の高速区間。
途中まで調子よく下るも大月手前でひどい渋滞に巻き込まれ大ブレーキ。
AS0099.JPG
どうやら中央道の渋滞から逃げてきた車らしい。中央道は30qの渋滞表示も…。
路肩・脇をすり抜けながらのろのろと進む。
大月の40分程で越えられる区間が1時間10分もかかってしまった。
その後も上野原ICと相模湖IC付近で断続的な渋滞。恐らくトータル4、50分のロス。
試走で相模湖付近に軽い渋滞はおこるかな、ということは下調べしてあったが、予想以上。
連休を甘くみてはイケマセン。中山道キャノボ経験者が殆どいない故の失敗でもある。
結果、笹子〜大垂水区間は下り基調のはずがグロスAve20を下回ってしまう結果に。
日没になり気温も下がり、運動量も大幅に減ったため、かなり寒い。
ウインドブレーカーを持ってこなかったのは失敗。相模湖を越えた所でようやく渋滞が解消。
最後の登り・裏大垂水峠をぐるぐるまわして根気強く登る。峠頂上で丁度20時間が経過。

大垂水峠を下り、都内に突入。風は弱くはなったものの、相変わらず逆風気味。
都内R20は連休最終日夜から工事に入るところが多い様子で、各所で工事と車線規制が。
特に府中前での工事渋滞が酷く、ここでも10分近いロス。
その後も信号で止められることが多く、あまりスピードをあげても意味はないと感じ、
ほどほど強度の30q前後での走行。グロスアベは21km/hくらいと予定より-1km/hほど遅め。
終盤ゴミが入ったのか視界がかなりかすんでいたので、安全第一を考えた。

淡々とR20を進み、新宿駅前を越え、新宿御苑横のトンネルを迂回。
四ツ谷付近は試走で飛ばした方が信号につかまらない印象だったので、スピードアップ。
おかげで信号には1度のみ停められただけ。試走はできるところはやはりしておいた方が良い。
皇居を南回りしてR1に入り、最後は日本橋でスプリント。
AS0100.JPG
タイムは22時間53分でやや余裕の達成。
23時間はかからなかったものの、正直終盤の大ブレーキ・タイムロスは大不満。
渋滞がなかったら22時間前半、風向きがよかったら21時間台?
とりあえずタイムに大きな余裕をもって終盤に突入できたのが良かった。

ゴールではフィリップさんがお迎え。誰もいないと思っていたので滅茶苦茶うれしい。
細君に電話でゴールしたことを連絡。
どうやら1時間ほど前にお迎えに日本橋に来ていたらしいが遅いので帰ってしまっていた。
AS0101.JPG
でも道路元標裏に「おつかれさま」とかいた羊羹を置いて行ってくれてた ヽ|・∀・|ノ

一度元標で休んで気が緩んでしまったせいか、自宅までの帰り17.5qは超ヘロヘロ。
家に帰るまでがキャノンボールです。無事帰宅して風呂入って這うように就寝。
posted by あさぎり at 22:17| Comment(1) | キャノンボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
達成おめでとうございます。
しかも22時間台とはさすがですね!
1分、1グラムを削った気迫が伝わってきます。
ところで、この日は国道19号の反対側でも名古屋に帰る車が渋滞していました。
路肩をすり抜けるように、苦労して走った覚えがあります。
これが無ければもっと早かったかも。
Posted by rikunora at 2016年11月08日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。