2011年04月30日

キャノンボール その3 走行編(上)

<スタート前>
10分前ぐらいにスタート地点に到着。誰もいない。よく考えたら平日だし。
オドルナライマノウチ ヽ(´Д`;)ノ   ランタ ランタ タン
直前に降雨も、スタート時間には概ね路面はドライ。風は追い風ヒャッハー。
タイムロスを少なくするため、直前にトイレしておく。
電池がもったいないので直前にサイコンをONにしたらGPSをなかなか
補足してくれず、結局15:02スタート。ビルのせい?
時間は暗くなる前に酷道25号非舗装区間を、明るくなってから箱根峠を
越えられるように日没時間と日の出時間をチェックした上で調整しました。
結果的にはこれでよかった感じ。

<梅田新道〜四日市>
最初の目的地は四日市。約125km、事前シミュレーションでは問題ないはず。
R1を東に走り鶴見3で内環R479を北上、花博記念公園西口から
緑地内の大通り沿いに走り、第二お京阪側道を経てR163に合流、東へ。
清滝手前から路面はウェットに。中間地点から清滝トンネルでショートカット。
和束町に入ると1mmぐらいの雨が降ってきた。思ったより寒い。
天気予報当たらんね…。
月ヶ瀬・島ヶ原の登りは高めのケイデンスで足を残しながらゆっくりと。
伊賀に入るとやっと雨がやむ。ろくじなのに、にじがでてた。
18時過ぎでまだ明るい時間に酷道25号線砂利区間を無事通過。
路面ウェットで砂が浮いておらず、かえって走りやすい。
R1に合流したところでやっと路面はやっとドライに。
亀山バイパスは速度が45qaveぐらいまで乗り、基本的にボーナスエリア。
四日市市内はちと車&信号多めでペースダウン。
四日市中心部で予定通り一回目のストップを行い、トイレ&補給。
ここでtwitterのフォロアーさんに声をかけていただく。

<四日市ー浜名湖>
揖斐・長良川、木曽川を越えて名古屋県へ。
各川を渡る伊勢大橋&尾張大橋の歩行者・自転車用の側道は
段差のある鉄板&でこぼこ盛り上がりがあり、スピードが乗らないようになっている。
暗いし、前もって知っていなかったらかなりびっくりしていたかも。
名古屋市内はコンクリ舗装。道幅が広くて走りやすい。
悪名高い名古屋走りの被害にあうことはなく順調に走行。
熱田神宮を越え、ここからは走ったことのない未知の領域へ。
岡崎市内に入ってからフロントライトのパワーダウンに気付く。
ありゃ電池切れ…予定より随分早い。浜名湖までもたすつもりだったのに。
某電器店の安物セール品だったのが悪かったのか。

本宿まで走ってようやくサンクス発見、トイレ&電池を購入。
本宿からは下り基調なのか追い風なのか、滅茶苦茶スピードに乗れました。
一里山東交差点からr173、さらにR42で潮見坂へ。
坂というより丘みたいな感じで拍子抜け。潮見丘に改名ダー。
ここからしばらくはバイパスがあるせいか車通りが少なく暗い。
浜名湖湖西の新居町駅前デイリーに到着。
本宿で買い物をしたのでここでの買い物は少なめ。

ここでやっと中間地点ぐらい。あと250km以上あるよーw
つづく。


posted by あさぎり at 23:41| Comment(0) | キャノンボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。