2009年08月24日

京都酷道練

日曜も山。おまけにつり。
琵琶湖カネカ裏に車を止めてスタート。
一箇所目は小関越。合計三回登ったw
一回目はゆっくり試し登りで偵察。心拍も80%ちょいまで。
二回目は本気アタック。すべてがうまくいっていたものの、
最後頂上付近ダインシングにはいったときに
いきなりサイコンセンサー基部が折れ、計測とまったw
時計が止まったときに丁度タイムを確認して、
ダンシング開始後は自分で秒をカウントしながら登っていたので
一応多少の誤差はあれどタイムは取れました。約3分41秒で登頂。
微妙なのでサイトにはマージンをもって5秒プラスで登録。
また登って更新目指す予定。
サイコンの速度・ケイデンスが死んでラップ機能も停止したので
三回目はサイコンの時計のスタート・ゴール時間をチェックしてタイム測定。
さすがに筋肉に疲れがでてしまい、2回目よりペースやや落ちの3分55秒で登頂。
山中越えをする予定をそのまま山科方向へ向かい、
京汁で修理…パーツの関係ですぐにはムリぽ。
しょうがないのでそのまま北上、鞍馬方面へ。
JIT081.JPG
くらま温泉前からTTスタート。
初めて登るので心拍数は170前後で抑え目にのんびり登坂。
結果、最後までのんびりすぎたw つづら折れでも心拍180いくかどうかぐらい。
最後ももがきも遅れた。25:33で登頂。
頂上でもまだ余裕ありでした。次はもっとせめていいかも。

次に裏花背方面に下り引き返し裏花背TT。
去年秋に膝を痛めながら登った痛いおもひで。
こちらは疲れは明らかにあったものの下りながらポイントチェックを
行ったのでそれなり上手いこと走れました。
タイムは24:06。一応1位、とおもったら早速ぬかれたw
まだまだ縮められそうなので再挑戦予定。

そのまま表花背を下り、再度表花背を再クライミング(馬鹿
百井の別れから百井峠へ。いわゆる酷道477線。
JIT082.JPG
道悪すぎる、激坂すぎるwww
写真をとるのを口実に足を付きながらどーにか登頂。
TTで足を使ってなくても足付かずのぼれるかどうか。
そのまま百背集落から前ヶ畑下り。
JIT083.JPG
ここもまた激坂すぎるw 
最登坂してもタイムが出ないのはわかっているので、そのまま堅田を
経てカネカ裏までもどり終了。95kmぐらい。

カネカにもどって小移動、琵琶湖に入り、マズメ時のみつり。
35cmクラスx3匹としょぼく終了。
まだまだウィード多杉でポイント入れませんでした。
久々なので魚を触れられたのは良かったですが。


posted by あさぎり at 16:06| Comment(0) | セミロング練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。