2009年03月11日

アルカン アルキン アルケン

最近聞いて、何じゃこりゃとおもった曲ひとつ。
アルカン「海辺の狂女の唄」(波打ち際の狂女の唄)
曲名からして逝ってますw
狂女が入水自殺して終了、てな感じの設定らしいです。
とんでもなく重い雰囲気がたまらんです。
左手は低音和音の繰り返しのみ構成され、不気味な波音を表現、
右手で暗く怪しくも美しい響きのメロディーが奏でられます。

楽譜をDLできるところがあったので、早速練習開始。
技巧的にはアルカンなのにごくごく簡単。


posted by あさぎり at 12:47 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。