2016年12月26日

イタリア旅行7日目 ローマ

最終日は飛行機が出る前の朝のみの活動。
AS0246.JPG
ローマ Termini駅。
駅から北に少し歩いたTrimani Enotecaでワインを購入。
まぁまぁの品ぞろえ。もっと買っておけばよかったと後悔。
AS0247.JPG
どさくさでTermini駅構内のVenchiでジェラート。
さらにCONADやCOOP等、スーパーめぐりをしてお土産を購入。
AS0245.JPG
MIKADO(ポッキー)
AS0244.JPG
TVつけるとおはようスパンク…w

ホテルからお迎えの車に乗って、ローマ郊外のレオナルドダビンチ空港へ移動。
AS0248.JPG
行きと同じくヒースロー空港経由で羽田空港まで 無事帰国。
posted by あさぎり at 11:54| Comment(0) | 徘徊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

イタリア旅行6日目 ティボリ/ローマ

朝からローマ郊外の景勝地 ティボリ(Tivoli)方面へおでかけ。
まずはTermini駅からメトロBで郊外のPonte Mammolo駅まで移動。
下階の売店で往復切符を購入後2階ターミナルからCo.Tral社バス(青色)Tivoli行きに乗車、
40分ほど進んだ丘の上のバス停(Largo Nazioni Unite)で下車して徒歩すぐ。
AS0215.JPG
ここでの目当てはVilla d'Este(エステ別荘)。
フランツ・リストがここをモチーフに名曲「エステ荘の噴水」を作曲したとな。
偉大なハンガリーの作曲家・ピアニストがここで住んで働いた…みたいなことが書いてあるよう。
AS0218.JPG
エステ荘とドラゴンの噴水。
AS0217.JPG
美しく整備されたイタリア庭園。常に噴水の音で満たされている。
途中、エステ荘の噴水を流して散策。弾いたことがある曲なので、思い入れも強い。
AS0216.JPG
百の噴水。ずらーっとちいさな噴水が並ぶ。
AS0219.JPG
高台で景色も良い。
AS0220.JPG
一番大きいネットゥーノの噴水 (ネプチューンの泉)。
時間の都合で聞けなかったけど、オルガンがなる噴水もあるそーな。
AS0221.JPG
予想以上に素晴らしいところでした。
ライトアップもされているようで、夏にまた行ってみたい。

AS0222.JPG
同じ道でローマTermini方面に戻り、Cavour駅まで移動。メトロ汚い…。
昼ごはんはコロッセオちかくのピッツェリア Alle Carretteで。
AS0223.JPG
イタリアはじめてのピザ。店名と同じAlle Carretteというピザ。

AS0224.JPG
コロッセオまでは歩いてすぐ。付近は歩行者天国。
AS0225.JPG
コロッセオはローマパスで入場。
AS0226.JPG
コロッセオ内部。

AS0227.JPG
おとなりのフォノロマーノももちろん見学。
AS0228.JPG
コロッセオでつかったローマパスを共通で入場可能。
AS0229.JPG
さらにヴィットーリオエマヌエーレ2世記念堂まで歩く。残念ながら中に入る時間は無し。

AS0230.JPG
ここからバスにのってサンタマリア イン コスメディン教会内(Santa Maria in Cosmedin)にある
真実の口(Bocca della Verità)へ。
AS0231.JPG
さすがここは人気で、写真を撮る人で行列。

AS0234.JPG
さらにバスで移動、パンテオンを見学。ラファエロの墓もここ。
AS0233.JPG
超人気店 Giolittiでジェラート。
AS0232.JPG
さむい。。。
AS0235.JPG
徒歩でトレヴィの泉まで。すっかり暗いけど、綺麗にライトアップ。
AS0236.JPG
ここは人だらけ。
AS0237.JPG
スペイン広場。ジェラートは禁止らしい。
AS0238.JPG
時間があったのでローマ三越まで。特に何も買わず。地下に真実の口あるしw

夕食はDa Feliceへ。メトロBのPiramide駅から徒歩数分。ここも満員で要予約。
AS0241.JPG
名物のcacio e pepe(カーチョ・エ・ペーぺ)。
たっぷりチーズと黒こしょうのみのシンプルなパスタ。超濃厚なチーズ味。
AS0240.JPG
目の前でおっさんがまじぇまじぇ〜。
AS0239.JPG
ローマにきたらカルボナーラも食べないといけない。これまたうまい。
AS0242.JPG
Abbacchio al forno con patate(羊肉のローストとポテト)。癖になる味。
ワインはLis Nerisというピノグリージョ。美味い。
ここの店はローマに来たらはずせないお店かと。

AS0243.JPG
帰りに人気店Pompi Tiramisuでティラミス2種類を買い、翌日の朝ごはんに。
この日もローマに連泊。
posted by あさぎり at 17:27| Comment(0) | 徘徊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

イタリア旅行5日目 ピサ/ローマ

AS0193.JPG
ホテル目の前にある、サンタマリアノヴェッラ教会。中には入らず。

妻の希望もあり、午前中はピサへ足を伸ばす。
AS0194.JPG
フィレンツェ Santa Maria Novella駅からPisa Centrale駅までREG(鈍行)で一時間ほど。
9時前に到着し、時間がないのでタクシーで斜塔まで。
AS0195.JPG
とてもかたむいています。
AS0196.JPG
斜塔内に入るにはネットで要予約。階段を登っていても傾いているのが分かる。
AS0197.JPG
てっぺんからの景色。天気が良くて最高。
AS0198.JPG
Duomoや礼拝堂方面。

帰りはバスでピサ駅まで。チケットはバス内で購入。
電車でフィレンツェにもどり、昼食。
時間が電車がでるまで1時間しかないので、駅近のTrattoria dall Osteで済ます。
AS0199.JPG
Pici all Anatra Muta(鴨ソースのピーチ)。
トスカーナの名物パスタ Piciは食べておかないといけない。うどんみたいなもちもち太麺。

食べて急いで電車に乗ると、出発が1時間遅れ。さすがイタリアや…。
Roma Termini駅にも当然遅れて到着。すぐに荷物を駅構内の荷物預かり所に預け、
タバッキでローマパス48時間券を購入、バチカン最寄のメトロAでOttaviano駅まで移動。
当然予約していたバチカン美術館の予約時間には間に合わず。
やばーと思っているとバチカンツアーのインド人に声をかけられる。
怪しいなーと思いながらもツアーに参加し、どうにか入場。
AS0200.JPG
バチカン美術館。ここのセキュリティーは最高に厳しく、空港並み。
入るのにもすこし時間を要する。
AS0201.JPG
AS0202.JPG
AS0203.JPG
ツアー自体は無駄に説明が長く、つまらんちん。
美術館を最短コースで見学し、最後の晩餐のあるシスティーナ礼拝堂へ。写真は禁止〜。

さらに進んでサンピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro in Vaticano)へ。
AS0207.JPG
さすが本拠地、すごい規模。
AS0206.JPG
ボスが居そう…。
AS0205.JPG
礼拝堂のドーム内部。
AS0204.JPG
ミケランジェロのピエタ。
AS0208.JPG
外に出ると暗い。夜のサンピエトロ広場。ローマは人が多いな。

ヴァチカンを出てOttaviano駅まで歩き、メトロAでSpagna駅へ。
AS0209.JPG
Spagna駅をおりてすぐのスペイン広場。夕食のため、今日は素通り。

夕食はRistorante la Campanaで。Spagna駅から1qほど歩いたところ。
ここも人気店で店内は満席。要予約。
AS0211.JPG
Fiori di zucca fritti (ズッキーニの花のフライ)。チーズが入っている。
妻はかなり気に入った様子。
AS0210.JPG
Carciofi alla Giudia(ユダヤ風アーティチョーク)。思っていたよりずっとうまい。
AS0212.JPG
アマトリチャーナのリガトーニ。
ここはなかなか良いワインもそろっている。前菜のビュッフェもあり。

食後は折角なので夜の散歩。
AS0213.JPG
ハドリアヌス霊廟が近いので寄っていく。むこうに大聖堂。
AS0214.JPG
ここもジョジョ5部にも出てきたところ。

バスでTermini方面へ戻り、宿泊はTermini駅から近いStarhotels Metropoleで。
posted by あさぎり at 20:05| Comment(0) | 徘徊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

イタリア旅行4日目 フィレンツェ

4日目はフィレンツェ。朝から小雨が降り、お天気悪い。

朝一でウフィツィ美術館まで徒歩で移動。
AS0164.JPG
途中見かけた、キャンティいっぱいつんだトラック。
AS0166.JPG
美術館手前のシニョリーア広場(Piazza della Signoria)のペルセウス像。
AS0165.JPG
ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)

ウフィツィ美術館は日本でネット予約。
印刷したバウチャーを3番窓口のチケットセンターでチケットと交換。入場一番乗り。
AS0168.JPG
いやーん(ヴィーナスの誕生)
AS0167.JPG
春子さん(プリマヴェーラ)
AS0169.JPG
よっぱらい(バッカス)
AS0170.JPG
らふぁエロ(ひわの聖母)
どこかで見た、有名な絵画や彫刻がたくさんです。
1時間強ほどで見学終了。

さらにちかくのSanta Maria del Fiore大聖堂へ。
AS0171.JPG
Duomo。
AS0172.JPG
となりのジョットの鐘楼から。400段以上ある階段をあがるのでかなりしんどい。
AS0174.JPG
Duomo内部。
AS0175.JPG

AS0176.JPG
妻がジェラートが食べたいというので、Vivoliでイタリア初ジェラート。
AS0177.JPG
ついでなのでサンタ・クローチェ聖堂


さらにショッピング。
AS0178.JPG
Ponte Vecchio。
AS0179.JPG
貴金属店が並ぶ。
AS0180.JPG
すぐそばのLuciano Glovesで妻に革のグローブを買ってあげる。安い〜。
AS0181.JPG
ついでなのでPitti宮の入口まで。
AS0182.JPG
有名店Liverano E Liverano。ここは時間ないのでスルー

ランチはTrattoria Sostanzaで。店員さんの愛想がすごく良い。
AS0183.JPG
Tortino di carciofi(アーティチョークのオムレツ)。これがめちゃくちゃ美味しい。
まわりも皆、頼んでる。
AS0184.JPG
Petto di pollo al burro(ボッロアルブッロ)。鳥のバター焼き。
店員さんが「トリバタヤキー」と日本語で説明してくれる。
んー、ここは大当たり。

昼も市内散策。
AS0185.JPG
Santa Maria Novella近くのCelleriniでバッグをオーダー。知る人ぞ知るお店かな?
品質、デザインともにとても良い。日本で買えば倍以上はしそう。

夕前にアカデミア美術館へ。ここも日本でネット予約。
AS0186.JPG
ダビデ像がお目当て。

夕食は郊外のチェルバイア(Cerbaia)にある一つ星レストランのTenda Rossaへ。
トリップアドバイザーを通しネット予約。郊外にもかかわらず満席。
Santa Maria Novella駅すぐのバスターミナル(Busitalia Nord Autostazione)からバスで。
AS0187.JPG
このバスがこれまた滅茶苦茶に峠をとばすw 運賃は安い。
40分ほどでcerbaiaに到着し徒歩数分。
AS0189.JPG
ザリガニのスープ。おいちー。
AS0190.JPG
プリモのパスタ。
AS0191.JPG
セコンドその1 ふぉあぐら。
AS0192.JPG
セコンドその2 にく。
登ってかなり疲れていたのか、寝ながら食べていましたw
ワインはシャンパンデーだったので、シャンパン6種類。
お会計はこれだけ良いものをたべてのんでもかなり安い。

帰りはバスがないので、タクシーを呼んでもらってフィレンツェへ。
5000円くらいだったよーな。思ったより安くついた。フィレンツェで連泊。
posted by あさぎり at 12:05| Comment(0) | 徘徊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

イタリア旅行3日目 ヴェネチア

3日目は朝からヴェネチアを散策。海沿いなのか風が冷たい。
AS0139.JPG
サンマルコ広場に来ると、地面が濡れていて、簡易の台が渡されている。
高潮で水没していたよーで。いわゆるアックア アルタというやつ。

AS0140.JPG
朝一でドゥカーレ宮殿&隣の牢獄へ。
AS0141.JPG

AS0143.JPG
ドゥカーレ宮殿
AS0142.JPG
ドゥカーレ宮殿と牢獄を渡す、ため息橋を外から。
AS0144.JPG
牢獄。
<写真追加予定>
さらにサンマルコ寺院へ。

AS0145.JPG
リアルト橋までヴァポレットで移動し、ランチはOsteria da Bottega Ai Promessi Sposiへ。
橋から徒歩数分。日本のガイドブックにのっているせいか、やたら日本人がいる。
AS0147.JPG
アンチョビソースのビーゴリ(Bigoli)。ヴェネトを代表する太麺パスタ。
AS0148.JPG
海鮮のフリット盛り合わせ。量が多い〜。
ワインはやっぱりソアヴェで頂く。

食後は徒歩でヴェネチアを散策。
AS0146.JPG
リアルト橋
AS0149.JPG
みかけたパスタ屋。種類が豊富。

さらにサンマルコ広場横の鐘楼を登る。
AS0151.JPG

AS0152.JPG
鐘楼より。ここの景色はおすすめ。
AS0150.JPG
ジョジョにもでてきたサンジョルジョ・マッジョーレ教会。

AS0153.JPG
降りてからサンマルコ広場にあるカフェラテ発祥のCaffe Florianへ。
正直、味自体は大したことなかった…
AS0154.JPG
アカデミア美術館方面にも足を伸ばす。
AS0155.JPG
安い乗合のゴンドラセレナーデをホテルで予約。おきまりの歌つきゴンドラ。
狭い運河を進む。
AS0156.JPG
夕暮れ時にヴェネチアを離れる。駅までヴァポレットで移動。

AS0157.JPG
夕方にはフィレンツェまででFrecciargento移動。19時半過ぎに到着。
ホテルについたら予約していたホテルがダブルブッキングでホテル変更…(´Д`;)
近くのHotel Roma-Firenzeでの宿泊となる。クラスが上がって広い部屋に。

夕食はPerseusまで。有名なビステッカの店。ホテルでタクシーを読んでもらい移動。
AS0158.JPG
入口。肉!
AS0160.JPG
Bistecca Fiorentina。肉!
AS0159.JPG
おじさんが切ってくれる。
AS0161.JPG
オリジナルのキャンティ。ラベルも肉!
AS0162.JPG
パンのスープ リボリータ。インゲン豆とクルトンの味w

AS0163.JPG
食いすぎたので、帰りは徒歩ですw
ライトアップされるDuomo di Firenze。意外と緑ががってる色なのね。
posted by あさぎり at 15:24| Comment(0) | 徘徊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

イタリア旅行2日目 ヴェローナ

2日目はヴェローナへ。
Milano Centrare駅からVerona Porta Nuova駅までFrecciaRossaで移動。
AS0121.JPG
Milano Centrare駅に停まっていたItalo(乗ってません)。

Veneto州に入ると車窓から葡萄畑が広がる。さすがワインどころ。ガルダ湖も綺麗。
Verona Porta Nuova駅に到着し、日本人案内人のTさんと合流。車でValpolicellaへ向かう。
Valpolicellaは干し葡萄からつくるワイン「アマローネ」で有名。
市内を走っているとワイナリーへの道標まである。

まずはPiccoli Daniela Azienda Agricolaへ。
聞いたこともない、小規模ワイナリー。経営者の娘さんが案内。
AS0122.JPG
樽。石のぶどうが目を引く。
AS0123.JPG
さらっと見学し、試飲。女性らしいバラのラベルが美しい。
valpolicella、valpolicella superiore、amarone、reciotoに加え、
コルヴィーナ種でつくった、珍しいスパークリングを試飲。どれも予想以上によろしい。
超甘口のreciotoをお土産に購入。

さらにNegrar方面へ向かい、今回の本命、Giuseppe Quintarelliへ。
AS0124.JPG
丘の上にあって景色よす。
まずはGiuseppe氏の娘さんがご案内。妻がバンビーナと言われてぷんすかしとったw
ついでなので親族だというレーサーのロニー・クインタレッリの事を聞いたら
「知っていて、ここにも来るよー」とはいっていたけど、「親族ではないよー」とも…。
聞いていた話とちょいと違う?
AS0126.JPG
で、見学。これはアレーレ(竹のすのこ棚)でぶどうを干しているところ。
換気扇がまわっていて意外とひんやり。
AS0125.JPG
古典的なぶどうをつるして干すスタイルも。
AS0127.JPG
地下には大樽が整然と並ぶ。
AS0128.JPG
超貴重なコレクション。

試飲はGiuseppe氏のお孫さんのフランチェスコ氏が案内。
無愛想という評判だけど、シャイなだけかな?
AS0129.JPG
Primo FioreからValpolicella、Amarone、AlZero、Reciotoまで試飲。
個人的にはAlZeroがお気に入り。どれも別格のすごさ。
お土産に2007年のアマローネを購入。2万円を切る価格。日本で買えば4万円前後?

ワイナリー巡り後は市内へ。市内は自動車進入規制があるので、郊外に駐車して徒歩で。
AS0130.JPG
Castelvecchio橋をわたる。
AS0131.JPG
アリーナ。
AS0132.JPG
ジュリエットの家。ヴェローナはロミジュリの舞台なのさー。

ランチは最初はAntica Bottega del Vinoを予約するつもりが、当日のランチ営業なし。
かわりに日本でもおなじみのTommasiが経営しているAntico Caffe Danteで昼食。
シノーリ広場ダンテ像の前。ダンテは一時ヴェローナで過ごしていたそうで。
ここでTさんとはお別れ。お世話になりました。
AS0133.JPG
おめあてはアマローネでつくったリゾット(Risotto all'Amarone)。
上にチーズ(モンテヴェロネーゼ)がのっていて混ぜるとおいしい。
ワインは当然、Tommasi社のアマローネとあわせて。

食後は教えてもらった市内のワインショップ Signorvinoでお土産さがし。
ワイナリー直売とほぼ同じ価格で売っているらしく、安い。下手すれば半値以下。
ここではBertani&Speriのアマローネ、AllegriniのLa Pojaを購入。定番ばかりやね…。
もうちょっと見かけないやつを買っても良かったかも。

夕前にヴェローナを出発、Venezia Santa Lucia駅へ。到着すると暗い。
ヴァポレットの24時間券を購入し、Canal Grandeでサンマルコ方面へ。
AS0134.JPG
すっかり日も沈んでいる。

夕食はOsteria Antico Giardinettoへ。日本ではあまり知られていない店?リアルト橋から徒歩数分。
かなり入り組んだところにあるものの、人気があるのか満員。要予約。
AS0135.JPG
ヴェネチア定番のイカ墨パスタ(Vermicelli al Nero di Seppia )
AS0136.JPG
マグロのステーキ(Tagliata di Tonno all'Aceto Balsamico)
AS0137.JPG
ティラミス。これがやたら濃厚でうまかった。
ワインはこれまた定番のソアヴェにあわせて。

AS0138.JPG
食後は夜のサンマルコ広場を散策。
泊りはHotel Saturnia & International。スタッフさん、簡単な日本語なら通じます。
posted by あさぎり at 19:28| Comment(0) | 徘徊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

イタリア旅行 1日目ミラノ

11月にイタリアまで旅行してきましたので備忘録。

羽田空港を昼前発、JALでロンドン・ヒースロー空港まで。
飛行機の中でシン・ゴジラ(2回目)と君の名は。を見る。
まわりもみんな同じの見てるし…。
ヒースローからはBritish Airに乗り換え、ミラノ リナーテ空港まで。11/11夜到着。
日本より少し寒いぐらい。Milano Centrale駅すぐそばのStarhotels Andersonにて宿泊。

1日目 ミラノ
AS0102.JPG
Milano Centrale駅。

AS0104.JPG
まずはSanta Maria delle Grazie教会まで。地下鉄M2のCadorna FN駅から徒歩数分。
AS0103.JPG
「最後の晩餐」を見学。教会内の壁画なのね。
完全予約制でチケットは同サイトでネット予約。運よく9:30の空きあり。
ハイシーズンはなかなか取れないこともあるよう。月曜休み。

AS0105.JPG
さらに徒歩でSforzesco城へ。ミサンガ売りがうっとーしい。
M2 Lanza駅からMoscova駅に移動、昼食まで時間があったので、ガリバルディ地区をうろつく。

AS0106.JPG
駅前の売店でガンダム?が売ってる。
AS0107.JPG
セレクトショップ10 Corso Como。
セレクトショップ Eral55にも寄り道。アメカジ系。日本人の店員さんもいました。

AS0108.JPG
さらにGae Aulenti広場へ。
AS0109.JPG
おもしろおされデザイン建築がいっぱい。
ここの地下のスーパーもうろついたけど、商品豊富でなかなか面白い。

昼飯はミラノ料理 Antica Trattoria della Pesaで。
AS0111.JPG
ミラノ風カツレツ(Cotoletta alla Miranese)。でかくてサクサク。これはうまい。
AS0110.JPG
オッソブーコ(Ossobuco)とミラノ風リゾット。
昼からワインも注入。いきなり食べ過ぎた感…。

昼過ぎからはドゥオモ方面へ。地下鉄M3→M1と乗り換え、Duomo駅まで。
AS0112.JPG
Duomo di Milanoを見学。想像以上にでかい。
AS0113.JPG
内部。広い。

ここで妻のお腹の調子が悪くなったので、トイレついでに
高級百貨店 la Rinascente Milanoをうろつく。日本でいう三越みたいなもの?
ファッションから食品まで、なかなか品揃え良し。

妻の体調が戻ったので、Duomo屋上テラスまで。
エレベーターと階段があるけど、ケチって階段で。
荷物チェックのセキュリティが厳しく、かなりの行列まち。
時間がかかり、かなり日が傾いてしまった。
AS0114.JPG
おかげできれいな夕焼けと夜景が見られました。登る価値あり。

AS0116.JPG
暗くなってからガレリアをうろつく。
高級店ばかりで入るところがないけど、とりあえずはFerrari Storeへ。
AS0115b.jpg
Ferrari F2012が鎮座。
AS0115.JPG
れごふぇらーり。
地下にシミュレーター、1&2階がショップ。ここでも何も買わなかった (´-`)

スカラ座まで歩いたのち、日本でもおなじみ、高級食材店Peckへ。
こちらのワインの品ぞろえもなかなか…。買いたかったけど、後々のことを考え断念。

夕食は町はずれのTrattoria Pescatoreへ。サルディニアの海鮮料理で有名な店。
地下鉄M3 Porta Romana(ロマーナ門)駅から徒歩数分。
人気店のようで、店内は満席。予約がなければまず入れなさそう。
AS0119.JPG
名物カタラーナ(astice e Aragosta alla Catalana)。オマール海老。
AS0117.JPG
どでかいパンが各テーブルにおいてある。
うしろのおじさん、おかわりしとるで… (´Д`;)
AS0118.JPG
カラスミとイカのパッケリ(paccheri al calamarettini vongole e bottarga )。
ワインはヴェルメンティーノ。
AS0120.JPG
おさかな〜
初日からデブ活が捗りました。
posted by あさぎり at 16:22| Comment(0) | 徘徊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。