2015年07月05日

H270630 レフェルヴェソンス

細君の誕生日のディナーへ。
AS0077.JPG
以前から行きたかった表参道の2ツ星フレンチ レフェルヴェソンスへ。

AS0078.JPG
料理にタイトルがついたメニュー。
読んでいるだけもワクワクする。全部紹介したいけど一部のみ紹介。
料理が始まると早速接客の高さが際立つ。
料理をわざわざ運んでくる人、サーブする人2人の3人組で毎度料理が出てくる。
準備運動に2/4の確率でブラッドオレンジの味付けをしたオリーブ。

AS0079.JPG
アップルパイのように…とあるけどうなぎパイみたいな。
小さいマクドナルドのアップルパイみたいな箱にはいって出てくる。
 
AS0080.JPG
パンは日本橋のカジュアルラインの姉妹店・ラ・ボンヌターブルのル・シュクレ・クールではなく、
群馬桐生のスタイルブレッド製だそうで。これも美味しかったけど。

AS0082.JPG
スペシャリテの蕪。季節によって味が違うそーな。

AS0083.JPG
上り鰹の藁焼き。
AS0084.JPG
フォアグラ。

AS0081.JPG
鮎。頭はカリカリ、身はふっくらと。細君はこれが一番おきにいり。

AS0085.JPG
金宣烏龍茶「右と左で」
カップの右側と左側で冷温2種で入れた烏龍茶。
しきりがないのに冷温くっきり分かれていて不思議。多少トロミがついているのかな。
同じお茶なのに全然味も違って感じられて面白い。

AS0086.JPG
メインの白金豚。細君曰く、「超おいしいハム」…わかるw
サワークリームのソースがとても合う。豚のみならず、傍らのみる貝も絶品。
使用するラギオールのナイフを数種とりそろえて選ばせてもらえました。

AS0087.JPG
「寺田さんに藤丸さん」という名のデザート。
寺田さんは北海道恵庭の寺田牧場、藤丸さんは大阪ミナミにある都市型ワイナリー。

味よし、驚きや楽しみあり、接客最高で、評判通り文句なしの良店。
あっという間にときが過ぎました。
勝負レストランとして超おすすめ。再来ありやね (´∀`)
posted by あさぎり at 21:12| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする